【1】 現金の範囲(その1)【2】 左側(=借方)、右側(=貸方)の呼び方の由来について

現金の範囲(その1)と、左側(=借方)、右側(=貸方)の由来に関して

 

今回は、簿記の世界でいう「現金」勘定の範囲について、勉強していきます。

 

 

【CONTENTS】

 

【1】 現金の範囲(その1)

 

【2】 左側(=借方)、右側(=貸方)の呼び方の由来について

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

みなさん、こんにちは!

 

現金といえば、これまでは100円玉や1000円札などの通貨を想像しました。

 

今回は、簿記の世界でいう「現金」勘定の範囲について、勉強していきます。

 

日商3級での頻出論点であるとともに、日常経理でも役に立つ知識です。

 

また、後半では、帳簿の左側と右側の呼び名について、一緒に勉強していきましょう!

 

 

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

 

【1】 現金の範囲(その1)

 

簿記の世界では、「現金」勘定で集計する範囲は、次のようになります。

 

           (+)  現   金
           ――――――――――――――
              ×××|
                 |

 

 

1)通貨    : 硬貨(100円玉など)、紙幣(1000円札など)
2)小切手   : 取引相手が振り出したもの(現金に準ずるもの))
3)送金小切手 : 銀行が振出人となる小切手
4)郵便為替証書: 郵便局でお金に換えてもらえる金券

 

上記の2)〜4)は、いずれも、金融機関の窓口に呈示すると、お金にかえてもらえる証書ですから、簿記の世界では、「現金勘定の増加」として
扱います。

 

※小切手 : 通常は、当座預金という特別の口座を開設し、50枚綴りなど
       で銀行から小切手用紙の束(小切手帳)が交付されます。
        この小切手用紙は、自社の支払いに使う事ができます。
        実際に支払いをする時は、1枚の小切手用紙に金額を書き、
        届出印を押して切り離し、相手に渡します(発行という)。
        相手は、その小切手を、発行した会社の銀行・支店の
       窓口に持っていけば、引き換えにお金を手にできます。
        そのさい、小切手を発行した会社の預金口座から、預金
       残高が引き落とされるのです。

 

    ☆小切手の発行者(振出人)は、自分の預金が減る。
      ⇒小切手を受け取った人は、現金を手にする事ができる。

 

 

 ※送金小切手: 当座預金口座を開設しなくても、一回だけ、多額の支払いを
        するために、銀行から小切手を発行してもらう事ができます。
         このような一回限りの銀行振り出し小切手を、送金小切手と
        いいます。個人のまとまった額の支払いに用いると便利です。
         なお、郵便為替証書は、送金小切手の郵便局版といえます。

 

 

 

              ★★★練習問題★★★            

 

 

 

次の取引を仕訳・転記しなさい。

 

● 資本金として、現金通貨10万円を、店に元入れした。
○ 商品を売り上げ、送金小切手24万円を受け取った。
◎ 商品を売り上げ、得意先振出の小切手20万円と、郵便為替証書15万円を受け取った。
▲ 広告宣伝を行い、現金通貨6万円を支払った。(現金の減少は右側に記入)(=広告費)

 

 

【解答用紙】(単位:万円) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(仕訳帳への仕訳)

 

 ●(借)             (貸)

 

 ○(借)             (貸)

 

 ◎(借)             (貸)

 

 ▲(借)             (貸)

 

 

<※(借)=左側。(貸)=右側。詳しくは、本メルマガの後半を見てね!>

 

 

(総勘定元帳への転記)

 

      現   金          資 本 金
  ―――――――――――――  ――――――――――――― 
        |              |
        |              |
        |
        |

 

 

 

      広 告 費          売   上
  ―――――――――――――  ―――――――――――――
        |              |
        |              |
                       |

 

 

 

 

 

【模範解答】(単位:万円)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(仕訳帳への仕訳)

 

●(借)現     金  10  (貸)資  本  金  10 
○(借)現     金  24  (貸)売     上  24
◎(借)現     金  35  (貸)売     上  35
▲(借)広  告  費   6  (貸)現     金   6

 

 

(総勘定元帳への転記)

 

      現   金          資 本 金
  ―――――――――――――  ――――――――――――― 
   ●  10|▲   6         |●  10
   ○  24|              |
   ◎  35|
        |

 

 

 

      広 告 費          売   上
  ―――――――――――――  ―――――――――――――
   ▲   6|              |○  24
        |              |◎  35
                       |

 

            ★★★ここまで★★★

 

 

 

 

 

【2】 左側(=借方)、右側(=貸方)の呼び方の由来について

 

 

実は、これまで、帳簿の左側に記入する時は「左側」、右側に記入する時は「右側」といっていました。

 

簿記の世界では、「左側」・「右側」のかわりに、習慣として、「借方(かりかた)」・「貸方(かしかた)」という言葉をつかいます。

 

その由来は、債権・債務の帳簿記入の仕方にあったようです。

 

帳簿記録の役割は、財産の出入りの管理です。

 

その中で、取引相手との間で、「貸しがいくら」、「借りがいくら」かを把握する「債権管理」「債務管理」が特に重要となります。

 

なにせ、権利や義務などは、実体がないのですから、いっそう、きちんと記録しておく必要がありますよね。

 

そこで、昔々は、債権・債務の管理のために、勘定科目の頭に「大黒屋」とか「越後屋」のように、商店名を用いたりしました。

 

 

          − 債権・債務の管理帳簿 −

 

 

     大 黒 屋             越 後 屋
 −−−−−−−−−−−−−     −−−−−−−−−−−−−
       |                 |
       |                 |

 

 

このように、取引の相手方の名前を勘定科目として使う場合、その勘定科目を「人名勘定」といいます。

 

いまでも、得意先や仕入先との債権・債務の管理台帳で用いられます。

 

たとえば、「大黒屋に商品を納めて、代金をツケ(掛け)にした」様な場合を考えてみましょう。

 

大黒屋に50万円の商品を納めて、代金をツケ(掛けといいます)にしたとします。

 

ツケ(掛け)にするということは、一時、お金を貸すことになります。つまり、「債権」の発生です。

 

債権という財産の増加は、左側に書きます。

 

なお、当社にとって債権が発生するということは、相手方の「大黒屋」が「借り側」となることを意味します。

 

英語では“Debit”または“Debtor”といいます。略語は dr.)です。

 

そこで、「債権の発生」を左側に書く時、大黒屋が「借り方」となる、という意味で、T字型の左側が「借方」といわれるようになりました。

 

 

         (借方)  大 黒 屋(が)
         −−−−−−−−−−−−−−−−−
         1  50万円 |
                 |

 

 

そして後日、大黒屋から、別の取引として20万円商品をつけ(掛け)で仕入れたとしましょう。

 

このときは、逆に、大黒屋が「貸し側」で、当社が資金の支払いを待ってもらっている状態になりますね。

 

つまり、当社が「借りを作る」ということは、相手が「貸し方」となることから、借方の反対(右側)に記入することを「貸方記入」なんていうのです。

 

貸方は、英語では“Credit”または“Creditor”といいます。略語は cr.)です。

 

              大 黒 屋(が)(貸方)
         −−−−−−−−−−−−−−−−−
         1  50万円 |2  20万円
                 |

 

 

このように、人名勘定の相手方の立場から、「左=借方」、「右=貸方」と呼ばれていたのが、やがて、簿記のすべての手続きで「左=借方」、「右=貸方」と呼ぶようになったわけですね!

 

ともあれ、現在の簿記では、次のようにおぼえておいていただければ、よいと思います。もちろん、無理して暗記しようとしなくてよいですよ。

 

そのうち慣れますから!

 

 

        ◆借り「借方、借」⇒ひだり

 

        ◇貸し「貸方、貸」⇒み ぎ

 

 

 

☆「借方」「貸方」という表記を使った記帳例☆(前回の練習問題より)

 

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                               *
*           − 仕 訳 帳 − (単位:万円)   *
*  1                            *
*  ―――――――――――――――――――――――――――  *
* |             :             | *
* |(借方)現  金  50 :(貸方)借 入 金  50 | *
* |             :             | *
*  ―――――――――――――――――――――――――――  *

 

 

 

 

             試 算 表  (単位:万円)
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−         
      借  方 |  勘定科目 |  貸  方
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     ( 300)|  現 金  |  
           |       |
           |  借入金  | ( 140) 
           |       |
           |  資本金  | ( 100)
           |       |
           |  売 上  | (  60)
           |       |
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     ( 300)|   計   | ( 300)
    =======================

 

 ※ 借方記入の合計300万円と貸方記入の合計300万円は、必ず一致します。これを、「貸借平均の原理」といいます。

 




 

 

 

 

 

 

簿記検定3級・2級・1級に短期合格するための柴山式簿記講義



【1】 現金の範囲(その1)【2】 左側(=借方)、右側(=貸方)の呼び方の由来について関連ページ

「簿記は、すぐれた『データ圧縮の技術』だ!」● 「財産記帳の基本ルールを知ろう!」
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
簿記の原理を知って、反復練習!● 単式簿記と複式簿記
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
取引を、「結果」と「原因」に分解しよう!● (取引その1)銀行から、現金を借り入れた。
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
(取引その2)店主から、資金が元入れされた。
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
(取引その3)商品を売り上げて、現金を受け取った。
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
(取引その1〜その3)現金の増加取引に関するまとめ。● 仕訳、という記帳技術
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
現金の増加取引に関する仕訳と転記の練習問題
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
現金の増加取引に関する仕訳・転記と「試算表の作成」
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
現金の範囲(その2)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
当座預金の基本取引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
当座預金残高が不足した状態での小切手振り出し
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
商品の仕入取引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
掛け売上と売掛金の回収
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
手付金の支払と受取
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
返品・値引きの処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
売上側が発送費を支払った場合
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
約束手形の振り出し
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
約束手形の受け取り
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
約束手形の裏書譲渡
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
約束手形の割引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
為替手形の振り出し
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
為替手形の引き受け
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
為替手形の受け取り
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
自己を受取人とする為替手形
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
自己を引受人(名宛人)とする為替手形。
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
自店発行の商品券
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
他店発行の商品券
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
商品券の精算
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
固定資産の意味と取得
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
固定資産の売却(カンタンなケース)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
株式の取得
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
公社債の取得
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
有価証券の期末評価
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
有価証券の売却
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
手形の発行による借り入れ、貸し付け
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
元手の引き出し取引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
源泉税や社会保険料の預り
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
立替払いの取引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
小口現金
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
仮払金
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
仮受金
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
現金過不足
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
雑損、雑益
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
消耗品の処理(方法その1)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
消耗品の処理(方法その2)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
期末の商品在庫の決算処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
期首の商品在庫を仕入勘定に振り替える決算処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
保険料の前払い
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
前払保険料の、翌期首の処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
費用の未払い
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
未払費用の、翌期首の処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
前受収益の期末処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
前受収益の、翌期における再振替
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
未収収益
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
未収収益の翌期における再振替仕訳
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
貸倒れの処理(最も簡単なパターン)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
貸倒れの見積もり
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
貸倒れの見積もり(2年度目以降)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
貸倒引当金の戻し入れ(前年度の設定が多い場合の2年度目以降)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
貸倒れの処理
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
減価償却の考え方
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
期中取得の固定資産の減価償却
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
固定資産の売却(減価償却累計額がある場合)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
固定資産の期中売却
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
引出金の決算整理仕訳
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
損益振替仕訳
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
資本振替仕訳
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
修正仕訳
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
試算表と出題形式
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
精算表問題の入門知識
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
財務諸表の作成
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
伝票の基礎と入金伝票
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
出金伝票と振替伝票
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
売上伝票
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
一部振替取引
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
直前のワンポイント知識:(1)決算手続の概要(2)前日の過ごし方
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
簿記3級 合格率
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
簿記3級効率的合格法
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト