簿記3級対策 簿記検定3級対策

簿記検定3級対策記事一覧

「簿記は、すぐれた『データ圧縮の技術』だ!」● 「財産記帳の基本ルールを知ろう!...

簿記とは、「個人商店や会社の日々の取引」を「2冊の帳簿」に記録し、一年後、「2枚の決算書」に要約する手続きのことです。○ すぐれた『データ圧縮の技術』が簿記!簿記とは、「個人商店や会社の日々の取引」を「2冊の帳簿」に記録し、一年後、「2枚の決算書」に要約する手続きのことです。 ちなみに、個人商店のレ...

≫続きを読む

 

簿記の原理を知って、反復練習!● 単式簿記と複式簿記

簿記の原理を知ろう!簿記とは、「企業活動」を、「帳簿」に効率よく記入し、「決算書」にまとめるための、 「一連の手続・ルール」のことです。簿記というのは、ある意味、「技能」ですから、一定のパターンと原理を理解したら、その知識を定着させるための練習問題を何度も反復して、体で覚えるのが、もっとも確実なマス...

≫続きを読む

 

取引を、「結果」と「原因」に分解しよう!● (取引その1)銀行から、現金を借り入...

取引を、「結果」と「原因」に分解しよう!たとえば、会社内に、現金が100万円増えることを想像してみてください。これは、「現金という『財産』の増加」といった「結果」です。 そして、この財産の増加には、かならず何らかの原因があるはず。たとえば、次の3パターンなんか、よくありがちですよね(^^♪     ...

≫続きを読む

 

(取引その2)店主から、資金が元入れされた。

元手として自己資金を事業に投入することを「元入れする」といいます。○ (取引その2)店主から、資金が元入れされた。 たとえば、事業を始めるにあたって、店主(オーナー兼経営者)が、自分の家計から、現金300万円を、元手としてお店に入金したとします。※元手として自己資金を事業に投入することを「元入れする...

≫続きを読む

 

(取引その3)商品を売り上げて、現金を受け取った。

基本取引その3、商品の売上の際の現金取引を学びます。【CONTENTS】 ○ (取引その3)商品を売り上げて、現金を受け取った。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−たとえば、事業活動のなかで、商品をお客に売れば、お金をもらうことができますね。    取引例:商品を売...

≫続きを読む

 

(取引その1〜その3)現金の増加取引に関するまとめ。● 仕訳、という記帳技術

今回は、「現金が増える」シリーズのまとめ編です。現金が増えるパターンは、次の3つでしたね。 パターン1 銀行からの借入れ パターン2 店主からの元入れ パターン3 お客からの受取り(これが、儲けとなる)【CONTENTS】 ○ (取引その1〜その3)現金の増加取引に関するまとめ。 ● 仕訳、という記...

≫続きを読む

 

現金の増加取引に関する仕訳と転記の練習問題

今回は、「現金が増える」取引を、総合的に記帳練習してみましょう。具体的には、「仕訳帳」への仕訳(入力)⇒「総勘定元帳」への転記(分類・集計)をやってみます。【CONTENTS】 ○ 現金の増加取引に関する仕訳と転記の練習問題−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■...

≫続きを読む

 

現金の増加取引に関する仕訳・転記と「試算表の作成」

簿記の基本となる現金取引の仕訳・転記を勉強します。【CONTENTS】○ 現金の増加取引に関する仕訳・転記と「試算表の作成」−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■みなさん、こんにちは!前回いっしょに...

≫続きを読む

 

現金の範囲(その2)

今回は、代表的な財テク商品(金融商品)について、投資した後の「配当金」または「利息」の受取について、勉強します。【CONTENTS】 ● 現金の範囲(その2)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■み...

≫続きを読む

 

当座預金の基本取引

当座預金というのは、現金の範囲で学習した小切手の支払いや、営業入金などを行うために開設する無利息の預金口座です。【CONTENTS】● 当座預金の基本取引−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■みなさ...

≫続きを読む

 

当座預金残高が不足した状態での小切手振り出し

小切手を用いて決済する場合、振り出される小切手に記載された支払い金額以上に、あらかじめ、当座預金口座の残高がなければなりません。したがって、あらかじめ、一定限度額を設けて、その範囲内で自動的に不足分を融資してもらう制度があります。これを「当座借越」といいます。こういった勘定取引を学びます。● 当座預...

≫続きを読む

 

商品の仕入取引

現金勘定、また掛け勘定で支払った場合の仕入れ取引を取り上げます。● 商品の仕入取引−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■みなさん、こんにちは!しばやまです。今回は、商品の仕入取引について、じっくりと...

≫続きを読む

 

掛け売上と売掛金の回収

ふつう卸売業など大量に商品を扱う場合、たとえば日々の売上は納品書という伝票に記録しておき、1ヶ月たった時にまとめて集計し、翌月の15日に先月分の売上代金を回収する、というような「つけ」による売上が行われます。このような販売形態を、「掛け売り上げ」などといいます。 ○ 掛け売上と売掛金の回収−−−−−...

≫続きを読む

 

手付金の支払と受取

商品を仕入れる側で、発注時に手付金(内金)を支払った時は、借方に「前払金」勘定を記入します。また発注時に手付金(内金)を支払った時は、貸方に「前受金」勘定を記入します。【CONTENTS】○ 手付金の支払と受取−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

返品・値引きの処理

返品(戻り・戻し)とは、品違い、品質不良、破損などの理由で商品を販売元に戻すこと。値引きとは、品質不良、破損などの理由で売上代金を減額すること。【CONTENTS】○ 返品・値引きの処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

売上側が発送費を支払った場合

商品を発送するさいに、運賃などの諸経費がかかります。これを販売側で支払う場合を売上諸掛という。【CONTENTS】○ 売上側が発送費を支払った場合−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 売上側が発...

≫続きを読む

 

約束手形の振り出し

「手形用紙に記載された金額を支払う」ことを約束すること【CONTENTS】○ 約束手形の振り出し−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 約束手形の振り出し商品を仕入れたら、代金を支払いますね。仕入...

≫続きを読む

 

約束手形の受け取り

手形用紙に記載された金額を支払う」ことを約束した証書の受け取り。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−【CONTENTS】○ 約束手形の受け取り−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

約束手形の裏書譲渡

受け取った手形用紙の裏面に自社の名前を住所を署名して、支払先に譲渡することにより、仕入代金などの支払手段となる。【CONTENTS】○ 約束手形の裏書譲渡−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 約...

≫続きを読む

 

約束手形の割引

割引とは、手形の裏面に署名等をし、銀行に持ち込んで、割引料を引いた残額を早期にもらえる制度【CONTENTS】○ 約束手形の割引−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■みなさん、こんにちは。しばやまで...

≫続きを読む

 

為替手形の振り出し

為替手形とは他人に将来の支払を「依頼」する手形【CONTENTS】○ 為替手形の振り出し−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 為替手形の振り出し前回は、「約束手形」という、将来の支払を約束する手...

≫続きを読む

 

為替手形の引き受け

為替手形の引き受けは、ツケを負っている取引先の為替手形をツケを免除する代わりに処理する約束をすること。【CONTENTS】○ 為替手形の引き受け(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

為替手形の受け取り

仕訳では手形代金を受け取る権利を表す「受取手形」勘定(資産)を借方に記帳します。【CONTENTS】○ 為替手形の受け取り。(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

自己を受取人とする為替手形

為替手形を発行する際に自分を受取人として振り出す為替手形。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■みなさんこんにちは。しばやまです。前回で、為替手形シリーズ全3回は、終わりました。これで、試験に毎回のように出る基本論点はだいたいOKなのですが、ここで、少し欲張って、応用...

≫続きを読む

 

自己を引受人(名宛人)とする為替手形。

自己を名宛人として振り出す為替手形を、自己宛為替手形という。【CONTENTS】○ 自己を引受人(名宛人)とする為替手形。(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

自店発行の商品券

自店で商品券を販売するときの仕訳。【CONTENTS】○ 自店発行の商品券(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 自店発行の商品...

≫続きを読む

 

他店発行の商品券

他店が発行した商品券を当店で受け入れ、商品を引き渡した時の仕訳【CONTENTS】○ 他店発行の商品券(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

商品券の精算

一定期間ごとに、両者が商品券を持ち寄って、互いの貸し借りを確認し、差額を現金で支払ったり受け取ったりする取引を行います。【CONTENTS】○ 商品券の精算(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■...

≫続きを読む

 

固定資産の意味と取得

営業の目的に供するために、長期間保有する資産を、固定資産といいます【CONTENTS】○ 固定資産の意味と取得(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

固定資産の売却(カンタンなケース)

固定資産を売却したい場合には、以前購入した価格と現在の評価額とでは差がでるため、それを考慮し、仕訳を行う。【CONTENTS】○ 固定資産の売却(カンタンなケース)(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

株式の取得

いくつかの権利を内包している株式はそれ自体経済的に価値を持っているため、株式の取得を、「有価証券」という財産の取得ととらえ、資産の増加として仕訳・転記します。【CONTENTS】○ 株式の取得(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

公社債の取得

「公社債」は、経済的に価値があります。したがって、簿記の世界では、債券の取得を、「有価証券」という財産の取得ととらえ、資産の増加として仕訳・転記します。【CONTENTS】○ 公社債の取得(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

有価証券の期末評価

有価証券については、決算日時点で、取得時の原価(支出額)による評価から、期末の時価に、評価換えをします。【CONTENTS】○ 有価証券の期末評価(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

有価証券の売却

有価証券(株式・公社債)を後日売却する時は、売却時の値段(時価)で、代金を受け取ります。原価との差額は、「有価証券売却益」または「有価証券売却損」という勘定科目を使って仕訳します。【CONTENTS】○ 有価証券の売却(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−...

≫続きを読む

 

手形の発行による借り入れ、貸し付け

借り入れ、貸し付けなどを行うさいには、借りる人が約束手形を振り出して、借用証に代用して取引を行うことがあります。【CONTENTS】○ 手形の発行による借り入れ、貸し付け(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

元手の引き出し取引

商売とは関係のない、店主の個人的な生活費の負担などのために、お店のお金を持ち出すときには、資本金勘定の減少を用いて仕訳します。【CONTENTS】○ 元手の引き出し取引(※図が見にくい方は、画面の表示を等幅フォントにしてみて下さい!) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

源泉税や社会保険料の預り

一定額以上の給料を支払う場合は、そのつど、給料の一部を「所得税・住民税・社会保険料」として、支給額から天引きし、差し引きした残高を、従業員に手取額として支給します。そのさいの預り部分についてみていきましょう。【CONTENTS】○ 源泉税や社会保険料の預り−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

立替払いの取引

給料日前に、従業員の生活費など、本人が支払うべき資金を立替払いしてあげた場合などは、「立替金」勘定(資産)をつかって、仕訳します【CONTENTS】○ 立替払いの取引−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

小口現金

事務用品の購入や、小額の支払いなどのために準備する、小口の資金のことです。【CONTENTS】 ○ 小口現金−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 小口現金小口現金とは、事務用品の購入や、小額の支...

≫続きを読む

 

仮払金

仮払金とは、内容または金額が未確定の支出取引のことです。【CONTENTS】○ 仮払金−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 仮払金仮払金とは、内容または金額が未確定の支出取引のことです。いちばんわかりやすいのは、出張旅費の仮払いですね。明日から地方出張をする社員に...

≫続きを読む

 

仮受金

仮受金とは、内容または金額が未確定の入金取引のことです。【CONTENTS】○ 仮受金 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■仮受金とは、内容または金額が未確定の入金取引のことです。例としては、銀行...

≫続きを読む

 

現金過不足

金銭の出納記録が漏れたり、間違ったりした場合、現金出納帳や総勘定元帳における期末の現金残高と、金庫の中の実際残高に、差が出ることもしばしばです。後日、原因調査の結果がでれば、しかるべき費用項目または収益項目に、置き換える(振り替える)仕訳を行います。【CONTENTS】○ 現金過不足−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

雑損、雑益

原因が不明で、適当な費用項目に振り替えられない場合は、「雑損」勘定で処理します。なお、反対に、原因不明の現金増加は、「雑益」勘定で処理します。【CONTENTS】○ 雑損、雑益−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

消耗品の処理(方法その1)

期末(決算)になって、どれだけ使ったかをチェックし、使用した分だけ、 「消耗品」勘定を貸方に記帳して減額させ、借方には「消耗品費」勘定を記帳します。【CONTENTS】○消耗品に関する処理(その1)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

消耗品の処理(方法その2)

期末の決算手続で、使わなかった分を、「消耗品」勘定に振り替える。【CONTENTS】○消耗品に関する処理(その2)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○消耗品に関する処理(その2)消耗品とは、金額...

≫続きを読む

 

期末の商品在庫の決算処理

売れ残った在庫があったら、その額を「仕入」勘定(費用勘定)から控除し、「繰越商品」勘定(資産)に振り替えます。【CONTENTS】○商品在庫に関する期末の決算処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

期首の商品在庫を仕入勘定に振り替える決算処理

次の年度の期末決算手続で、期首の在庫分を、「繰越商品」勘定から、「仕入」勘定に振り替える【CONTENTS】○商品について、期首の在庫を仕入勘定に振り替える決算処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

保険料の前払い

保険期間の途中で決算を迎えたとします。そのときに前払いしていた保険料勘定を前払保険料として仕訳します【CONTENTS】○ 保険料の前払い−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 保険料の前払い自動...

≫続きを読む

 

前払保険料の、翌期首の処理

翌期首に行う経過勘定の調整仕訳を、「再振替仕訳」といいます。【CONTENTS】○前払保険料の、翌期首の処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○前払保険料の、翌期首の処理まずは、前回の復習です。...

≫続きを読む

 

費用の未払い

決算の手続で、契約中のサービス(ここでは借り入れ)について、未払いの費用があったら、自発的に当期分を費用として、計上します。【CONTENTS】○費用の未払い−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○...

≫続きを読む

 

未払費用の、翌期首の処理

未払利息を、翌期首に再振替する処理について、学習します。【CONTENTS】○未払費用の、翌期首の処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○未払費用の、翌期首の処理前回は、未払費用について、学習し...

≫続きを読む

 

前受収益の期末処理

当期中に受け取った、翌期分のサービス提供に係る収益は、「前受収益」として、処理します。【CONTENTS】○前受収益の期末処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○前受収益の期末処理たとえば、あな...

≫続きを読む

 

前受収益の、翌期における再振替

前期末に、前受家賃を「貸方に」計上したことを前提として、翌期の機種に、その前受家賃を取り消し、その期の受取家賃(収益)として、計上する仕訳を行います。【CONTENTS】○ 前受収益の、翌期における再振替−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

未収収益

「継続して役務の提供を提供する契約で、期末時点において、すでに役務の提供をした部分につき、未収で収益を計上するべき項目」【CONTENTS】○ 未収収益−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 未収...

≫続きを読む

 

未収収益の翌期における再振替仕訳

前期末に、借方残高として、未収利息勘定に金額が残っています。これを踏まえて、翌期首(前期末の翌日ですね)に、反対の仕訳を行い、未収利息を消します。【CONTENTS】○ 未収収益の翌期における再振替仕訳 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

貸倒れの処理(最も簡単なパターン)

会社は、受取手形や売掛金のかたちで、金銭債権(要は、お金をもらう権利)を持っています。しかし常にそういった債権が回収できるとは限りません。このような回収不能の状態を、「貸倒れ」などといったりします。したがって、ここでは、貸し倒れを処理する基本形として、売掛金を現金で回収した場合の仕訳を考えてます。【...

≫続きを読む

 

貸倒れの見積もり

期末時点での、会社が保有している売掛金残高が1000万円あるとします。この1000万円、翌期に、全額回収できる保証はありません。そこで、期末の決算手続で、いまある売掛金・受取手形のうち、翌期にいくら貸し倒れるかを見積もって、簿記に記録し、売掛金・受取手形の評価額を、少し切り下げる処理を行います。【C...

≫続きを読む

 

貸倒れの見積もり(2年度目以降)

前期から繰越した貸倒引当金の額との差額を補充するようにして、決算で調整する処理方法を、「差額補充法」といいます【CONTENTS】○2年度目以降の、貸倒れの見積もりに関して−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

貸倒引当金の戻し入れ(前年度の設定が多い場合の2年度目以降)

前年度に売掛金が計上され、貸倒引当金を設定しましたが、一年後の売掛金が、減少したとします。この場合、前期末の売掛金をベースに設定した貸倒引当金が過大になってしまったとします。したがって貸倒引当金を修正する必要が出てきます。このときの仕訳・転記をする方法を勉強していきます。【CONTENTS】○ 貸倒...

≫続きを読む

 

貸倒れの処理

取引先への売掛金や貸付金が回収できなくなった場合、損失となります。そうなったときの会計処理を勉強します。【CONTENTS】○ 貸倒れの処理−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 貸倒れの処理たと...

≫続きを読む

 

減価償却の考え方

減価償却費とは、有形固定資産の使用や時の経過による、価値の目減り額のことです。【CONTENTS】○ 減価償却の考え方−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 減価償却の考え方たとえば、平成16年4...

≫続きを読む

 

期中取得の固定資産の減価償却

実務上は、一年の途中で固定資産を取得する事が、時々起こるので、そのような場合には、月数を基準に計算するんだ、ということを、知っておきましょう。【CONTENTS】○ 期中取得の固定資産の減価償却−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

固定資産の売却(減価償却累計額がある場合)

固定資産の売却があったときは、入金額の大小によって、固定資産売却益が発生したり、固定資産売却損が発生したりします。【CONTENTS】○ 固定資産の売却(減価償却累計額がある場合)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

固定資産の期中売却

会社が固定資産を売却するのは、期の途中の場合が多いです。とするならば、期首から、売却時までの使用期間に見合った価値減少分を月割りで見積もり計算し、「(借方)減価償却費」として、計上する必要が出てくるわけです。【CONTENTS】○ 固定資産の期中売却−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

引出金の決算整理仕訳

決算日が来ましたら、会社の決算手続の一環として、引出金勘定を貸方に記入するとともに、資本金勘定を借方に記入して、引出金勘定と資本金勘定を相殺することになるのです。【CONTENTS】○ 引出金の決算整理仕訳−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■...

≫続きを読む

 

損益振替仕訳

収益・費用の残高を0にする仕訳【CONTENTS】 ○ 損益振替仕訳−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ○ 決算振替仕訳 今回のテーマは、決算振替仕訳です。 でも、その前に、決算手続の概要につい...

≫続きを読む

 

資本振替仕訳

損益勘定勘定の借方(B+C)と貸方(A)の差額を、貸借差額といいます。この貸借差額(Z)は、翌期に帳簿を繰越すに当たって、収益勘定や費用勘定と同じく、0にリセットします。(貸方の方が大きい時は、純利益です。)そこで、損益勘定の残高を0にするべく、借方にZと記入し、その金額を資本金(店主の取り分)に加...

≫続きを読む

 

修正仕訳

修正仕訳というのは、会社が行った誤りの仕訳を、あとで正しい勘定残高になるよう修正する仕訳のことです。【CONTENTS】○ 修正仕訳−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 修正仕訳修正仕訳というの...

≫続きを読む

 

試算表と出題形式

まず一番最初に壁を乗り越えていただきたいのが、第3問の試算表作成です。これは、日常の経理実務にもいえることですが、「取引を瞬時に解釈し、正しい仕訳をすばやく切る」能力と、「仕訳を効率よく集計し、各勘定の残高を正しく求める」能力の2つが、同時に要求されるのです。【CONTENTS】○ 試算表と出題形式...

≫続きを読む

 

精算表問題の入門知識

精算表とは、決算整理前残高試算表→決算整理仕訳→B/S、P/Lの決算の手順を一覧表にした作業表です。【CONTENTS】○ 精算表問題の入門知識−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 精算表問題の...

≫続きを読む

 

財務諸表の作成

会社は、決算日から2ヶ月または3ヶ月(大企業)以内に、財務諸表を作り上げ、株主総会に提出したり、税務署に確定申告書と一緒に提出したりしなければなりません。ここで、決算整理後残高試算表を、2つの財務諸表にまとめあげて、はじめて決算が終了するのです。【CONTENTS】○ 財務諸表の作成−−−−−−−−...

≫続きを読む

 

伝票の基礎と入金伝票

伝票とは、仕訳帳の代わりに取引を簡潔に記録し、総勘定元帳への転記のもととなる帳票のことです。【CONTENTS】○ 伝票の基礎と入金伝票−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 伝票の基礎と入金伝票...

≫続きを読む

 

出金伝票と振替伝票

出金伝票・・・(現金減少のときに、起票する伝票)振替伝票・・・(現金取引以外のときに、起票する伝票。普通の仕訳。)【CONTENTS】○ 出金伝票と振替伝票−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ ...

≫続きを読む

 

売上伝票

売上取引は、基本的に相手勘定を「売掛金」とし、仕入取引は、基本的に相手勘定を「買掛金」として、伝票を起票するのが特徴です。【CONTENTS】○ 売上伝票−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ 売...

≫続きを読む

 

一部振替取引

一つの取引の中に、「現金取引」と「振替取引」が複合して含まれている取引を、一部振替取引、または一部現金取引といいます。【CONTENTS】○ 一部振替取引 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○ ...

≫続きを読む

 

直前のワンポイント知識:(1)決算手続の概要(2)前日の過ごし方

決算のポイントについて確認していただきたいと思います。【CONTENTS】○直前のワンポイント:(1)決算手続の概要(2)前日の過ごし方−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■○直前のワンポイント: ...

≫続きを読む

 

第117回  日商簿記検定対策 特別キャンペーン

◆第117回(11/18) 日商簿記検定対策 特別キャンペーン10月30日(木)〜11月8日までに【明日から使える!財務チャート式・超短期簿記速習法】をお申し込みいただけた方には、柴山の短期独学用3級検定対策本、●「最短でうかる!日商簿記3級講座」 をプレゼントいたします!(※ただし、数に限りがござ...

≫続きを読む

 

日商簿記検定3級対策DVD

■効率的に日商簿記3級に合格するための柴山式簿記講義DVDを作成しました!柴山式簿記講義の実績6月1日の実力テスト9点(20人中20位)にもかかわらず、柴山式簿記講義を受け、6月10日に受験し、79点で合格!11月1〜3日の3日間の柴山式簿記集中講義をうけたのち、11月16日に受験し、92点で合格!...

≫続きを読む

 

簿記検定3級・2級 短期合格のための効率的勉強法

簿記講義歴16年の公認会計士柴山のライブセミナー■講座内容 1有価証券報告書の基礎知識と活用法・超入門        (講義45分+個別質問15分) 2日商簿記検定3級・短期合格のための効率的勉強法        (講義45分+個別質問15分) 3日商簿記検定2級・短期合格のための効率的勉強法   ...

≫続きを読む

 

簿記3級 合格率

簿記3級の合格率は以下のとおりです。 119回〜121回の推移を見ると簿記3級の合格率はかなり高まっているようです。121回は受験者の半分以上が合格しているようですね。第121回受験者  21754人実受験者 14736人合格者   8325人合格率    56.5%第120回受験者  24754人...

≫続きを読む

 

簿記3級効率的合格法

直前期にさしかかった簿記検定3級の受験生に向けて、限られた時間で合格点である70 点をいかに効率よくクリアーするか、という観点から戦略的な学習法のヒントをお話しします。■効率的に日商簿記検定1級・2級・3級に合格するための柴山式簿記講義・日商簿記検定3級対策DVD講座 約15時間で3級解説。 実際の...

≫続きを読む