電卓の使い方

電卓の使い方

本日は、電卓の使い方を確認してみましょう。

 

簿記検定の勉強をされている方や
経理業務に従事している方はすでにご存じの方が
多いと思いますが、知らなかった方はぜひ
使いこなしてください!

 

電卓の上の方にある「MC」や「M+」の機能を
使うとメモを取らずに計算することができます。

 

たとえば、

 

123×4+567×8−912×3=

 

を計算する場合、紙に書くと

 

123×4= 492
567×8=4536
912×3=2736

 

492+4536−2736=2292

 

と順にメモしながら解きますね。

 

 

電卓を使う場合は、

 

「123×4」「M+」
「567×8」「M+」
「912×3」「M−」
「MR」

 

とたたけば、2292という結果が表示されます。

 

ここでは、「=」のかわりに
「M+」と「M−」を使って答えを覚えさせ、
「MR」で答えを呼び出すところがポイントです。

簿記検定3級・2級・1級に短期合格するための柴山式簿記講義