資産効率

資産効率

12月8日の日経新聞、17面の
「日経平均1万5000円 ランキングにみる 4 ROA]
という記事は、ぜひ3回くらい反復してお読みください。

 

ひさびさに、「これぞ財務分析らしいトピック!」という記事ですよ。

 

日経新聞が2005年9月の中間決算をもとにして、ROAをランク付け
しました。

 

そうしたら、なんとROAが10%以上の会社が193社にものぼり、
前年同期比で約14%増えたそうです。

 

そして、ちょっと注目したいのが、本記事の上段のくだりです。

 

「…上位でもROAが低下した企業では株価の暴落率が日経平均を下回る
ところが目につき、投資家が資産効率に敏感な様子がうかがえる。…」

 

これは、面白い現象でして、
たとえば第一位のヤフー(ROA51.7%!)の例では、この数字でも
前年比でROAが8.2%下がっているため、ヤフー株の上昇率は13%
の伸びと、日経平均の34.8%の伸びよりも下回っている、というデータ
が出ています(日経新聞の同記事より)。

 

(まあ、とはいっても、そもそも日経平均の伸び率34.8%が異常な
 くらいなのですが…(笑))

 

ともあれ、たとえROAの絶対値がトップランクであっても、前期比較の
観点から減少していれば、投資家の評価が厳しいものになる、という側面は
ぜひ知っておいて下さい。

 

なお、このROAという指標は、あまり短期の株式投資を基本スタイルと
する投資家の方には、あまり参考とされない傾向があるようです。
どちらかというと、じっくりと長い目で株式投資をする方とか、
中長期的な展望で将来の経営戦略を策定する経営者の立場の人が、
重視するべき指標となりますね。

 

なお、仮に株式投資に利用する目的でROAを算定することは、もちろん
有意義ではありますが、この収益性指標に加え、現在の株価が割安かどうか
の指標も、組み合わせて銘柄を選定するのが、より確実な投資行動といえる
でしょう。

簿記検定3級・2級・1級に短期合格するための柴山式簿記講義



資産効率関連ページ

企業の実態とマクロ状況と決算書
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
日商簿記検定3級2級
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
減価償却費
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
知恵を絞ろう!!!
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
総資産利益率(ROA)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
補助金不正受給
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
モンゴルCPA等の研修
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
株式時価総額
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
アリコ、外貨建資産の評価損
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
役員報酬の公表が義務化(日経09*9*11)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
損益分岐点が悪化傾向に(日経09*9*12*1)
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
2008年の民間給料は429万円で、前年比1.7%減
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト
配当の意味と財務諸表表示
簿記検定に短期合格したい方のための学習法を紹介するサイト